青森県、八戸市の眼科・松橋眼科クリニック

文字サイズ変更

トーニチコンタクトレンズ
コンタクトレンズのページへ
松橋眼科クリニック スマートフォンからもご覧いただけます

トップページ 手術を受ける方へ 遠近両用の眼内レンズ

遠近両用の眼内レンズ

あたらしい眼内レンズ

 白内障手術の際に挿入される眼内レンズは、従来、単焦点眼内レンズ用いられてきましたが、最近あらたに多焦点眼内レンズが実用化されてきました。 多焦点眼内レンズに興味がある方は、まず診察を受け、担当医とよくご相談下さい。

このページの先頭へ

単焦点眼内レンズの見え方

 一点にピントが合います。
ピントが合っている所は良くみえますが、それ以外の距離にはピントが合いません。遠くがくっきり見える場合、手元を見る時には近用眼鏡が必要になります。

このページの先頭へ

多焦点眼内レンズでの見え方

 遠くと近くにピントが合います。 
眼鏡の種類や使用頻度を減らしたい方に適しています。
 遠くにも近くにもピントが合いますが、全てがくっきり見えるわけではありません。中間部は少し見にくくなっています。

このページの先頭へ

眼鏡が要る場合もある

 どの距離でもくっきり見える若い頃の見え方とは異なります。
手術後に眼鏡が全く必要なくなるという訳ではありません。
状況に応じて眼鏡が必要になることがあります。
たとえば、長時間の読書やパソコン作業をする時などです。

このページの先頭へ

グレアー・ハロー

 単焦点眼内レンズに比べて、暗い所で強い光源を見た時に、光をまぶしく感じる(グレア)、光の周りに輪がかかって見える(ハロー)などの現象(図)が起きやすくなります。
とくに夜間の運転が多い方は注意が必要です。

このページの先頭へ

個人にあった眼内レンズの選択

 多焦点眼内レンズは誰にでもお勧めできるものではありません。角膜乱視の強い方など、患者さんの眼の状態によっては、従来の単焦点眼内レンズの方が適している場合もあります。

このページの先頭へ

合併症が起きた場合

 手術中に合併症が起きた場合、予定していた多焦点眼内レンズが入れられないことがあります。そのような場合、可能であれば単焦点眼内レンズを挿入しますが、眼内レンズの挿入自体できないこともあります。

このページの先頭へ

費用と保険

 多焦点眼内レンズは健康保険の対象外であるため、手術に関する術前検査・手術・術後の一定期間の診察・薬剤費などのすべてが自費負担の自由診療となります。

このページの先頭へ

多焦点眼内レンズの手術費用

 片眼 42万円  両眼 84万円  (税込)
<上記費用に含まれるもの>
術前検査、術前点眼薬、白内障手術、多焦点眼内レンズ、術後3ヶ月までの診察・検査・薬剤
<上記費用に含まれないもの>
入院滞在費1泊8,000円(個室料金は別)、診断書文書料、保護メガネ

このページの先頭へ

Copyright(C)2007- MatsuhashiEyeClinic All Rights Reserved.